【コロナウィルス】週末のグリーンヒルズモールが閑散

スポンサーリンク

フィリピン国内で5例目が確認された新型コロナウィルス。5例目の男性が訪れていたサンフアン市のグリーンヒルズセンターはこの週末の土曜日閑散とした状態であったとABS-CBNニュースが伝えています。

LOOK: Greenhills virtually deserted, as coronavirus scare grips mall
Health Secretary Francisco Duque III said one of the two new COVID-19 cases in the country frequented a Muslim prayer hall in Barangay Greenhills.

通常週末には混雑するサンフアン市のグリーンヒルズショッピングセンターはこの土曜日、ほぼ誰もいない状態だった。
フィリピン保健省が新たに新型コロナウィルスの陽性反応が出た患者がよく通っていたとアナウンスした後。

保健省長官の Francisco Duque III はフィリピン内で新たに感染が判明した二人の内一人はグリーンヒルズ地区の
イスラム教信者の祈祷所をよく訪れていたと語った。

フィリピン国内で5番目のケースとなるこの62歳の男性は先月25日に重傷と診断される前に咳があり、その後3月5日に陽性と診断された。

サンフアン市長 Francis Zamora は市内で拡大が始まっているウイルスにに対して、地元当局が対応準備ができていると述べた。

「我々は危機管理チームを既に設置し、サンフアン病院も保健課も準備ができている」と彼はABS-CBN Newsへ語った。

早い段階で感染者数の多い国からの入国制限をかけていたフィリピンですが、
ここに来て感染者の確認が増加傾向にあり、フィリピン内でも不安が広がっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鶴のひと声

コメント