【英語学習】WeblioのChrome拡張機能が英字サイトを読むのにかなり便利

スポンサーリンク

WeblioサイトのTopページ

普段英字のローカルニュースサイトを読むことも多いですが、
時々難しい単語に遭遇することがあります。
Weblioの拡張機能を使えば、いちいち辞書やGoogle翻訳で調べる手間が省けて超絶便利なので紹介します。

Weblioポップアップ英和辞典

スポンサーリンク

Weblioとは?

約1153万語収録の英和辞典・和英辞典。英語のイディオムや熟語も対応している他、英語の発音を音声でも提供。無料で使える日本最大級のオンライン英語辞書サービス。

Weblioサイトより

有名なオンライン辞書なので、Google などで英単語を検索したことがある方は検索結果上位に表示されもしかしたら知ってる方も多いと思います。

なぜ Weblio の拡張機能が便利なのか

例えば、英語のページを読んでいて、わからない単語が出てきたときにどうしていますか?

1.Googleで別に検索をかけて表示された結果から意味を調べる
2.スマホの辞書アプリや電子辞書で調べる

大多数の方が上2つのどちらかだと思いますが、この拡張機能を使えば、
別途検索をかけたり、辞書をひく手間が省けページの読解スピードが格段に上がります。

自分で辞書を引かないと覚えられないという方もいるかと思います。
そういう方はその方法で構わないですが、私は時間の無駄だと思います。
やってることは単語の索引で全く同じ作業なので、その分単語に触れる量を増やしたほうが効果的なのではないでしょうか。

【使い方】

はじめに

・Google Chromeを既に使用されている方はこちらの拡張機能のリンクからインストール
・そうでない方ははじめにChromeのインストールをお願いします。

拡張機能のインストールが完了したら
次に使いやすいようにカスタマイズしましょう。

Weblio拡張機能のおすすめ設定

ポップアップ設定

必ずポップアップはONに設定ましょう。

ポップアップ操作は下の「英単語にマウスカーソルをあわせ、[Ctrl]キーを押してポップアップ」のほうがよいと思います。

ポップアップ操作:英単語にマウスカーソルを合わせてポップアップさせる

英単語にマウスカーソルをあわせ、[Ctrl]キーを押してポップアップ
理由:自分のタイミングで単語の意味がポップアップ表示されるので使いやすい。
(※ちなみにひとつめのほうで設定すると表示が多すぎて結構使いづらいです)

表示の設定

ポップアップの大きさはお好みで

ポップアップするウィンドウの大きさ

⇒ 大きいサイズ

小さいポップアップ

大きいポップアップ

その他の設定

その他の細かい設定項目

ポップアップするまでの時間 ⇒ 早くする
ショートカットキーでオプション画面を表示 ⇒ 有効にする
リンクの文字の検索 ⇒ 検索する
高度な設定 ⇒ httpsでも可能な限りポップアップする

まとめ

個人的にはこの拡張機能を入れることで英語サイトを読むのがかなり楽になりました。
今までは一々わからない単語を別途検索していましたが、その細かい作業がかなりストレスであったのだと改めて気づきました。

英語学習してる方はChromeにこの拡張機能を入れて快適な英語学習環境をつくることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語学習
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鶴のひと声

コメント