【フィリピン】プリペイドSIMで携帯代を超節約運用

スポンサーリンク

最近、携帯電話のプランをポストペイドからプリペイドSIMに切り替えました。
私のライフスタイルではプリペイドに変更すれば運用コストが半分近く下がる計算なので備忘録として残しておきます。

 

補足

ポストペイド:いわゆる日本の携帯契約と同じ。後から自宅に請求書が届タイプ。

プリペイド:プリペイドカードなどを購入し、予め一定額をチャージすればその分だけ利用できるタイプ。

スポンサーリンク

ポストペイドをやめた理由

  1. 毎月1200ペソ程度かかっており、料金に見合う使い方をしてるか以前から疑問だった。
  2. 電話は自分からかけることがあまりなく、SMSを少し使うくらい。
  3. ネットは会社か家で使用することが多く、いざとなればモールやレストランでもWiFiが使える。
  4. 家族や同僚とのメッセージやりとりはFacebookメッセンジャー・LINEで事足りる。

上記の理由から、毎月1200ペソも払ってポストペイドを維持する必要がないと気づき
今回思い切ってポストペイドを解約しました。

6年近く使っていたので今考えると非常にもったいなかったです。

GlobeのプリペイドSIMに関して

GlobeのSIMはGlobeストアや、コンビニ、モールの中の携帯中古ショップなどで購入できます。
私はコンビニが一番近かったのでそこで買いました。SIMカードの値段は40ペソでした。

封を開けるとカードが入っていますので、自分のスマホ端末に合うサイズに切り取って端末に入れます。

カードを端末に入れた後はチャージが必要です。
チャージの方法で一般的なものは下記の3つ

チャージ方法

プリペイドカード(カードの裏面に記載されている番号を電話・またはSMSで送信して登録する方法)

AutoLoad (お店の店員に番号といくらチャージしたいか伝えて、チャージ分お金を支払う方法)

Ayalaモール系の専用端末 (厳密には2番と同じですが、自分で機械を操作してチャージできます)

※Globeのウェブサイトからクレジットカード支払いも可能ですが、後述のGoSURF登録用時の支払いのみ対応。

GoSURF登録方法

プリペイドでネットを使用するには予め登録が必要です。
いくつかプランの種類がありますがGoSURFが一番メジャーなようです。

取り敢えずGoSURF50に登録してみます。3日間有効で、上限700MB+300MB(YouTubeやTwitterなど好みのもの)のプランです。
今回はGlobeのウェブサイトからクレジットカードで支払いしてみました。

支払いが完了するとSMSで登録が完了した通知が送られてきます。

運用コスト

GoSURF50は3日間有効なので、単純に計算すれば
月10回程度のチャージ=500ペソ程度で済む計算になります。

もちろん上記には通話・SMS代は含まれませんが、
通話・テキスト代として100ペソくらい多めに見ても月600ペソ程度で済む計算です。
元のプラン1200ペソから600ペソへ、見事に携帯代が半分になりました。

まとめ

今回はGlobeのプリペイドSIMへ切り替えた場合の通信代節約について書きました。
フィリピンの通信業者はざっくりとSMARTGlobeの2社の寡占状態にあるのが現状です。
今後中国の通信業者の参入も決定していますので、
よりお得な運用プランが出てくればそちらも検討してみたいと思います。

コメント