【Radiko】iPhoneで海外から日本のラジオを聴く方法【やや難あり】

スポンサーリンク

海外から日本のラジオ (Radiko) を聴く方法をいくつか紹介してきましたが

iFake Location というツールを使用するとiPhoneでも海外からラジコを聴取できることが判明しましたので紹介します。

スポンサーリンク

使用するもの

 

  • iPhone ※ iOS 13 以下・2020年5月時点
  • iTunes
  • iFake Location  ※Windows、 Macどちらの環境でも可

Radiko は端末の位置情報で日本国内かどうか判断していますが、iFake Location を使用すると海外からでも日本にいるように偽装することができます。

iFake Location はリンク先ページからダウンロードできます。

Windows 環境の場合はファイル名の末尾が「.zip」、Mac であれば「.dmg」のものを選択してください。

 

使い方

iPhoneをパソコンに繋ぐ

お使いのケーブルで繋いでください。

iFake Location 起ち上げ

ダウンロードした iFake Location フォルダの中にアプリケーションファイルがあります。

それをダブルクリックすると起動し、自動でブラウザが開き iFake Location のページが表示されます。

右上の Refresh ボタンを押し iPhone 端末を認識させる

右上の Refresh ボタンを押して iPhone 端末を認識させる。

 

うまく認識されれば、自分の端末情報が表示されます。

地図から、もしくは画面下の Location Search 欄に希望の場所を入力し Search で検索する

試しに東京で設定してみます。

場所が表示されたら、左下の Set Fake Location を押す。

“Location has been successfully set” とメッセージが表示されれば完了。

この表示が出れば、位置情報の偽装が完了

Radiko で再生を確認

問題なく再生が確認できました。

注意点


疑似ロケーションをセットすると、
ロケーション設定をリセットするまで、継続して疑似ロケーション状態となります。

他の地図系アプリや位置情報が必要なアプリを使用したい場合は、
再度 iPhone をパソコンに接続し iFake Location を起動し
Stop Fake Location を押して元のロケーションに戻す必要があります。

この点は非常に使いづらいというのが正直な感想です。

 

iPhone 以外の聴取方法はこちらの記事にまとめてありますので、参考にしてみてください。

【完全保存版】海外から日本のラジオを聴く方法まとめ【VPN不要】
海外にいながらにして日本のラジオをリアルタイムで堪能できる幸せ、この上ありません。 様々なツールやアプリを開発してくださる方がいるおかげで、 現在は色々な環境でその恩恵を享受させていただいてます。 これまでわたしのブロ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鶴のひと声

コメント