【チープカシオ】海外モデル(F91W-3)購入レビュー

スポンサーリンク

カシオの廉価シリーズである、いわゆるチープカシオを初めて購入したのでレビューしたいと思います。
結論としては、かなり満足度の高い買い物でした。

スポンサーリンク

購入に至った経緯

 

現在使用しているGショック。シンプルでカッコイイけれど…

 

現在Gショック(DW-5600 BB)を5年ほど使用しています。

 

ミニマルな真っ黒のデザインでとてもいい時計なのですが、色々と不満点が出てきたため、別の時計を探していました。

 

Gショックの不満

・高い堅牢性ゆえ、普段使用するにはごつすぎる・重い

・長袖シャツやコートを着るときにひっかかる

・ベルトを折り畳めないため、ちょっと机の上に置く時にすごい邪魔

Gショック(左)とチープカシオ(右) Gショックの分厚さが際立つ。

ベルトが折り畳めないので、無理やり置くとこうなる

だから横に倒してこう置くしかないのが凄く不満

 

などなど、Gショックに不満が出てきたところで、私は気づいてしました。

普段使いであれば、Gショックほどの高機能は必要なく、
チープカシオ(安い・ある程度丈夫・生活防水)で十分だと。

しかも結局のところ、時計が重いとデスクワーク時に邪魔になって外してしまうことが多いのです。

そのため、とにかく軽くて、薄い時計を探したところ、このF-91Wを見つけました。

F-91Wを選んだ理由

F91Wを選んだ理由
・一番スタンダードなモデルのひとつ
・薄い(8.5mm)
・軽い(21g)
・必要最低限な機能(時計、アラーム、ストップウォッチ)
・バッテリーが長持ち(7年)
・シンプルで飽きのこないデザイン
・お手頃値段(1500~2000円程度)

・安物なので治安面でも強盗に狙われにくいだろうという淡い期待

日本版と海外版の違い


F-91Wは国内モデルと海外モデルがあり、
国内モデルは画面の縁が青、海外限定モデルは緑とゴールドとなっています。

個人的には、
国内モデルの青よりも緑のほうがオシャレだと思うので、緑を選びました。

F91Wのイイところ

 

当然ですが、Gショックで感じていた不満点がほぼなくなりました。

 

F91Wのいいところ

・めちゃくちゃ薄い・軽い

・ベルトが折り畳めるので机に置いてもスッキリ

・壊れたり、無くしたとしても精神的ショックが少ない

着けている感覚がないというと大袈裟ですが、
今まで着けてた時計の中で一番軽くて気に入りました。

チープカシオは折り畳めるので机に置いてもスッキリ

F91Wのイマイチなところ

 

個人的にはメリット面の満足度が高いので、以下の不満は微々たるものです。

 

F91Wのイマイチなところ

・やっぱり多少蒸れる

・LEDライトは暗い場所では画面が見づらい

・ベルトが切れやすい(らしい)

蒸れるのは仕方ないので、ベルトの交換などで対処したいと思います。
ベルトは数年で切れてしまうという報告がちらほらあるので、ベルトだけ交換するか、買い換えるかでしょう。

時計の左側にLEDライトあり。右側は光が当たりづらく見づらい。

チープカシオ(F91W)はこんな人向け

F91Wはこんな人向けです。

オススメする人

・チープカシオに興味のある人

・とにかく軽くて薄い時計が欲しい人

・安いけど、ある程度頑丈な時計が欲しい人

まとめ

安価ながら使い勝手もよく、かなり気に入りました。
見た目も小さくて可愛らしく、長くお世話になりそうです。
色も緑にしてよかったと思います。

これくらいシンプルであれば普段使いから、職場でも問題いと思います。
薄くて軽いので疲れにくく、デスクワーク時もわざわざ外す必要なさそうです。

おまけ / チープカシオ(偽物)との比較

 

左が偽物。よく見るとフォントが違ったり、細かい部分の作りがさらに安っぽい。

実は価格の安さ(35ペソ=約70円)につられて、F-91Wの偽物も同時に購入しました。
おもちゃ感覚で使えればよいと思って買ってみましたが、やはり偽物は偽物のクオリティでしかないというのが触ってみた率直な感想です。

偽物との差異

見た目

・ベルト・ケースがさらにチープ感満載
・ロゴなど文字のフォントが明らかに違う
・角度をつけると液晶が見づらい

偽物(左)と本物(右)。偽物のほうがベルトの作りが明らかに雑。

偽物(左)は角度をつけると明らかに液晶が見づらくなる

使用感

・LEDライトが本物よりさらに見づらい
・電子音が安っぽい

偽物は右側部分にライトが当たらないため、さらに見辛い

本物のほうがライト点灯時の視認性は高い

 

あなたはどれが好みですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電子機器・小物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鶴のひと声

コメント