「カメララップ」が機動性バツグンで気に入りました。

 カメラ用のラップ(風呂敷)を購入しました。
今まではインナーソフトボックスを利用していましたが
ずっと不満だったので、ラップを購入することにしました。

 

スポンサーリンク

インナーソフトボックスへの不満

機材を守るには安心感があるけどバッグに入れるには大きすぎる。

 

リュックやバッグにフィットしない。

 
 今まではおなじHAKUBAのインナーソフトボックスを使用していました。言わずもがなカメラは精密機械です。カメラやレンズへの衝撃や汚れを抑えるという点では確かに安心です。

 しかし、このインナーソフトボックスをうまく収納できるバッグがなかなかなく、なんとか収納できたとしてもバッグ自体がパンパンになります。さらに、インナーソフトボックスでバッグ内のスペースが占有されてしまい、他のものを入れる余裕がなくなってしまいます。インナーソフトボックスごと持ち歩くには機動性が悪すぎると常日頃感じていたました。

 さくっと持ち歩けて、ある程度カメラも保護できるものがないか探しているときに今回のカメララップを見つけました。

カメララップの使い方

 パッケージの裏の説明を読むと簡単に包むことができそうです。
 

実際に私の Fujifilm のミラーレスカメラを包んでみました。

対角線上にカメラを置きます。

まずは背面からかぶせます。

次に左右を包んでいきます。

最後に残った前面を手前にかぶせていきます。

最後にゴムで止めて完成です。

 簡単に包むことができました。

 

「カメララップ」のいい点

軽い、コンパクト、おしゃれ。普段使いに丁度いい保護性能

 
 これ、これ!これです私が求めていたのは!クッションケースだとリュックやトートバッグに入れると窮屈になってしまっていましたが、このカメララップであればインナーバッグと比較してかなりコンパクトになりますのでその悩みも完全に解消しました。

 普段ちょっと近所に撮影しに出かける程度であれば、クッション性能はそこまで必要ありませんので、カメララップは普段使いに丁度いいです。

「カメララップ」で不満な点

使用後の収納がやや面倒

 
 カメラを使い終わった後再度カメラを包む手間が発生します。外出先だとラップを広げられる場所も限られてしまうため、立ったまま包むこともありやや面倒です。しかし、そんなことも気にならないほど機動性がよくなった恩恵が大きすぎます。

まとめ

 

カメララッパーはこんな人向き

・気に入ったカメラ収納バッグに巡り会えない人。

・カメラをさくっと持ち歩きたい人。(最低限のカメラ保護機能は欲しい人)

・おしゃれで手頃なカメララッピングを探している人。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電子機器・小物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鶴のひと声

コメント