【ミニマリスト】モバイルアクセサリーKableCardがいい感じ【極薄・極小】

スポンサーリンク

KableCardのパッケージ。昔のCDアルバムを彷彿とさせます。

先日上司に紹介された、KableCardというモバイルアクセサリーが乙なアイテムだったので紹介します。
上司いわく、普段出張が多いのでこれ一つ持っていくだけでケーブル類がすっきりし、出張の荷物が減ったそうです。私もそれを見て一目惚れしたので購入してみました。
結論としては、今後大活躍しそうなアイテムで大変満足しています。

 

スポンサーリンク

KableCardとは

元々はクラウドファンディングで出資を募っていた商品だそうです。
最大の特徴はこの極薄カードサイズに下記のツール&機能が詰まっている点です。

  • USB-Cケーブル
  • USB-C to USB-A 変換プラグ
  • USB-C to microUSB 変換プラグ
  • sim取り出し用ピン
  • simカード入れ(2枚)
  • microSDカードリーダー
  • 無線充電
  • スマホスタンド
  • LEDライト

かなり薄い構造にこれだけの機能が盛々詰め込まれてることにびっくりです。
ではそれぞれ見ていきましょう。

 

各機能・付属品

 

カバー開くとこんな感じでツールがひしめき合ってます。

中身を全て取り出すとこんな感じ

  • USB-Cケーブル
  • USB-C to USB-A 変換プラグ
  • USB-C to microUSB 変換プラグ
  • sim取り出し用ピン

ケーブル類に関しては、一般的なモバイル機器用のコネクタ3種類備えているので、
これ一つあればiPhone、Android、その他の周辺機器などの充電に全て対応できます。

Sim取り出し用ピンは最初かなり取り出しづらく大変でしたが、
何回か出し入れしてようやく馴染みました。

SIMを2枚入れてみました

  • simカード入れ(2枚)

実際にカードを入れてみました。
何カ国も同時に旅行するでない限りは、2枚入れば十分かと思います。

わかりづらいですが、実際にmicroSDを挿してみました

  • microSDカードリーダー

近頃は大容量のmicroSDカードも増えてきました。
ポータブルのHDDを持ち運ばなくても、大容量のmicroSDカードが1枚あれば荷物を減らせます。

ワイヤレス充電にも対応。

ワイヤレス充電にも対応。

  • 無線充電

このコンパクトな形状でなんとワイアレス充電もできるというからびっくりです。
残念ながら鶴は無線充電対応のスマホを持っていませんので、いつかスマホを買い替えたら試したいと思います。

 

スタンド使用時

iPhoneをのせてみました

  • スマホスタンド

これは購入してから備わっていることに気づきました。
出先でちょっと動画を見るときや、文章を書く作業をする際、これとBluetoothキーボードを持っていけば活躍しそうです。角度は60度まで開きます。
開くとき爪の部分がやや固めです。

  • LEDライト

マニュアルにはアンビエントライトと記載されていました。
寝床でちょっと灯りが欲しい時の使用を想定しているようです。
50%、100%と2段階で調整できますが実はかなり眩しいです。
相当強い光を放ちますので、直接見ないように注意書きも記載されてました。

 

気に入った点

Appleのマジックマウスと並べてみた比較。かなり小さめ

やはり圧倒的に薄くてコンパクトな点が気に入りました。
今まで旅行や出張時にはアクセサリーケースにケーブルを何種類もいれていたので、ごちゃごちゃして取り出しづらかったのですが、とりあえずこれとモバイルバッテリーを持っていけば必要最低限の機能は確保できます。

 

イマイチな点

各ツールが意外と取り出しづらいです。
私の手が大きいというのもあるかもしれませんが、特にSIMピンとUSBの変換プラグ類が取り出しづらいです。
ここは薄さ、コンパクトさを優先した構造なので仕方ないかと思います。

 

まとめ・鶴のひと声

「手持ちの余分なケーブル類は処分しちゃいましょう」

今まで予備のケーブルを何本か持っていましたが、アクセサリーポーチがごちゃごちゃしてあまり心地よい状態ではありませんでした、このアイテムを購入したことで余分なケーブルを処分することができ、持ち物がすっきりしました。

最小限の持ち物を目指すミニマリストにはおすすめのアイテムだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電子機器・小物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
鶴のひと声

コメント