【iWALK】ミニマリスト最強モバイルバッテリーはこれだ!

スポンサーリンク

iWALKのパッケージ

「もう僕たちにデカイバイルバッテリーは必要ない」

ガチガチのミニマリストではないですが、普段から極力荷物を減らす努力をしています。
スマホ用のモバイルバッテリーはこれまで下のAnker PowerCore Fusion 5000を使用していました。

充電用プラグとバッテリー一体型でこれはこれでとても便利で重宝していたのですが、
手で持つと意外とずっしり重く、普段から持ち歩くには少し不便に感じていました。
(長期旅行での使用は全然問題ありませんけどね。)

しかも最近のスマートフォンであればバッテリー容量も昔に比べ大きく、
1日フルで使用する場合でも残量を気にすることが少なくなりました。

そのため、普段用になるべく小さく・軽く・手ぶらでも持ち歩けるバッテリーを探していたのですが
色々検討した結果、今回こちらのiWALK購入に至りました。

スポンサーリンク

iWALKモバイルバッテーリーとは

口紅サイズというキャッチコピーで有名なモバイルバッテリー。
スマホ充電の際にケーブルがいらず直接コネクタを挿すのが特徴です。
ミニマリストしぶ氏の紹介によりミニマリスト界隈で人気の商品。

https://sibu2.com/iwalk/
iWALK基本情報
バッテリー容量:3300mAh
対応機種:iPhone&iPod(ライトニング機種)
※日本のAmazonでは現在iPhone用のものしか販売されていないようです
輸入電圧/電流:5V/1.5A
輸出電圧/電流:5V/1.5A
サイズ:7.2*4.2*2.3cm 本体重量:75g

 

購入場所

iPhone用以外にもAndroid用(USB-C/micro-USB)も販売されている

現在フィリピンに住んでいるので、
東南アジアのAmazonといわれるLazadaで購入しました。
私は現在Android端末を使用していますが、
日本のAmazonは残念なことにiPhone用のものしか販売していません。
幸いLazadaではUSB-Cに対応したものが売ってました。(micro-USB用もあります)

Lazada専用の外装袋

iWALKパッケージ

使い勝手と感想

バッテリー本体

左側側面。バッテーリー本体充電もUSB-Cで可能。

バッテリー右側側面。バッテリー残量チェック用のボタンがあります。

本体上部のキャップを外すとUSB-Cプラグが現れます。

以下、1週間ほど使用した感想です。

よかった点

期待通りの手軽さ

重さ75gしかないので持ち運びがびっくりするほど楽。
ポケットにスマホと一緒にポケットに入れてもすっぽり余裕で入ります。
手ぶらで出かけたいときはスマホとこれを持っていけばとりあえず安心。

バッテリーとスマホ本体同時に充電できるのは嬉しい

バッテリー本体を充電しながら、同時にスマホ充電できる点もうれしいです。

不満な点

バッテリー本体の充電用にケーブルが必要

コンパクトさ優先のため仕方ありませんが、
やはりAnkerのプラグ一体型と比べるとやや不便です。
普段はパソコンにつないで充電していますが、パソコンなしで充電したい場合は別にプラグが必要です。

PC作業中についでに充電しておけば、充電忘れも防げる

コネクタ部分の耐久度

スマホに接続時に本体を動かすとややぐらつきます。耐久度が不安です。

指でプラグ先端を押すとややぐらつきます

充電時のライトがまぶしい

これが地味に煩わしいです。
スマホに充電中は常時ライトが点灯し続けます。
(ちなみにスマホに繋いでいないときは右側面のボタンを2回押すとライトが消えます)
ライトが白色なので、暗い場所だとさらにまぶしく感じます。
せめて青色のほうがよかったのではないでしょうか。

まとめ

細かい不満点はありますが、概ね満足できる製品です。
今後も愛用していくので、何か気づいた点があればアップデートしたいと思います。

コメント